小岱(代)焼の歴史


 寛永九年(1632)豊前小倉城主細川忠利が肥後に大守として入国のとき、豊前上野の牝小路(ひんこうじ)から小岱山の北東麓、南関手永宮尾村(現玉名郡南関町宮尾)に移り住んだ陶工源七(牝小路家初代)と上野の加津羅木山から同所に移った八左衛門(葛城家初代)に寄って始められたとされている。

 小代焼は明治になり藩の保護が絶え衰退しましたが、昭和6年(1931)近重治太郎が熊本市健軍町に築窯。また、昭和21年(1946)に有田の陶工城島平次郎が荒尾市府本で発見した陶片に見せられ小岱焼を志し、荒尾市大島に築窯した。

 釉薬は藁灰・木灰・笹灰などを使用し、地釉の上に白や白黄色などの流し掛けが特徴。朝鮮唐津に類似している。

 現在は荒尾市に7窯、南関町2窯、長洲町・嘉島町・松橋町にそれぞれ1窯元、12窯があり、伝統を受け継いだ物や新しい物など、個々に様々な小岱(代)焼を制作している。

※小代の"代"は小代氏の名前から、小岱焼の"岱"は城島氏が小岱山の一字を使用している。